スポンサーサイト

  • 2015.01.17 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


個人向け国債

JUGEMテーマ:株・投資
一般の個人に限って購入できる国債として個人向け国債という金融商品があります。
通常の国債と異なり、個人が利用しやすいのが特徴で、その1つめは少額で買えるという特徴があります。
購入単位は1万円で、通常の国債よりハードルが低めに設定されています。
2つめは一定期間を過ぎれば国が額面価格で買取ってくれること という特徴があります。
価格変動リスクがありません。

個人向け国債は、以下の3タイプです。

固定金利型3年満期個人向け国債
固定金利型5年満期個人向け国債
変動金利型10年満期個人向け国債
 
株式投資で儲からない米国株 高配当銘柄学費負担の軽減方法
リストラからの再就職おすすめの株式投資ワンルームマンション投資

公的年金の知識と資産運用の知識は老後資金作りに不可欠

 公的年金については、懐疑的過ぎるのも過信も禁物だと思います。
「老後の最低限は支えてくれそう。老後のゆとりは国には頼れないから自分で準備」というような現実的な住み分けが必要なのではないでしょうか。
そのためには基礎的な年金知識が必要になってきます。
年金の基本的な知識を若いうちから知っておくことが大切なのではないでしょうか。

安心を強調しすぎる国の説明と、不安をあおりすぎるメディアの情報をバランスよく取り入れ、自分なりに老後資金の計画を立てることが大切なのではないでしょうか。
老後の自由な時間は、現役世代の週末や仕事上がりの自由時間の合計を上回ります。
きちんと年金制度を知って、ちゃんと備えていければ、楽しく充実した老後が待っているはずです。

そのために必要な知識が資産運用、金融商品、経済の仕組み、金融の仕組みなどのお金を運用する知識です。
現在の日本人には、資産運用の必要性が高まっています。
これまで、定期性預貯金は、時間をかけて殖やす目的で利用されてきましたが、現在のような低金利では、殖やすための運用とはいいにくくなっています。
老後資金運用のポイントは、長期的に安定的に資金を増やしていくことです。

OL株おすすめOL株式投資株初心者株式投資儲かる





FX取引 売買判断方法

 FXはいつでも自由に売り買いができるので、どのような状態のもとで取引を開始するのかを、自分自身で決めておく必要があります。
そこで大事なことは、自分なりの判断基準を持ち、それをきちっと履行することではないでしょうか。
判断基準は、テクニカル重視にするか、それともファンダメンタルズ重視にするかなどがあります。
為替相場は常に動いているので外貨を買うにしても、売るにしても、どこで取引をすれば良いのか何か基準のようなものがあるといいのではないでしょうか。
これが絶対に正しいという法則はないですが、ここで投資すれば、まずまず大丈夫ではないか、という程度のものはいくつかあると思います。

レンジ・ブレイクは、ひとつの判断基準になるのっではないでしょうか。
レンジを抜けたところで売り買いを判断するなどです。

テクニカル分析を用いるというのも、ひとつの方法です。
RSIやボリンジャーバンド、一目均衡表など、数多くありますが、自分にとって理解しやすく使いやすいものを2つくらい持つのが良いでしょう。
大事なことは、転換点を探すことです。
今までドル高だったのがドル安に転じるところや、ドル安だったのがドル高に転じるところを見極めるのです。
例えばローソク足は、相場の高値圏や安値圏で、寄付きと引けのレートが同じという寄せ線というのが出ると、相場の転換点を示唆すると言われています。
移動平均線といって、過去数日、あるいは数カ月の終値を平均し、そのラインで結んだもで、短期線と中期線がともに上を向けば上昇トレンド入り、下を向けば下降トレンド入りという判断も出来たりします。

経済指標などのファンダメンタルズで相場が動くこともありますが、為替の場合、どちらかというと心理的な面に左右される部分が大きいので、ファンダメンタルズよりもチャート分析の方が有効なケースが多いといわれます。
米国の雇用統計が発表される前後に、公表数字を巡って駆け引きが行われ、ドルが買われたり、売られたりすることもあります。

テクニカル
おもにチャートを用いて売買タイミング、値ごろ感などを判断する方法。
今の相場が上昇トレンドなのか、下降トレンドなのかを判断するトレンド系と、買われすぎや売られすぎを判断するためのオシレーター系という2つの系統があります。

ファンダメンタル
経済の基礎的な要件を見て、売買タイミングや相場の方向感を判断する方法。
雇用統計、GDP成長率、物価指数といった経済指標をおもな投資判断基準とします。

RSI
売られすぎか、買われすぎかを判断するためのテクニカル指標。
一般的に数字が70を超えると買われすぎ、30を下回ると売られすぎのサインとされています。
70を超えたら売り、30を下回ったら買いの目安となります。
上昇基調が続いたり、下げ続けるなど一方的なトレンドに乗っている場合には有効とはいえません。

ボリンジャーバンド
移動平均線の上下に1σ(シグマ)、1σという2つのラインが表示される。為替レートが1σの範囲内に収まる確率は約68%、2σに入る確率は約95%になります。
2σのラインにタッチしたら、そこから反転する確率が高いことを意味します。

短期線と中期線
9日、14日、21日の移動平均線を短期線、90日の移動平均線を中期線といいます。
それぞれがクロスして同じ方向に転換した時が、相場の転換点を示すケースが多いです。

経済指標
雇用統計をはじめとする景気判断のための指標。
事前に予測値が公表されていますが、実際の数字が、公表された値に対して大きく乖離していた場合には、相場が大きく動くケースが多いようです。
特に米国の雇用統計は、為替レートに大きな影響を及ぼします。


老後資金運用退職金運用投資信託米国債券| 


ETFを利用したコモディティ投資

注目されるコモディティETF

株価指数、債券指数そしてコモディティ指数などインデックスの整備や投資信託の増加と相まって、コモディティETFの本数も増えてきています。
コモディティETFは、証券取引所で価格が決まりますし、株式でしか投資経験がない個人投資家でも、個別株のように証券会社で売買ができることになり、たいへん便利になりました。
値動きについても証券取引所でのETF価格を見ているだけでチェックできます。
コモディティの場合も総合的なインデックスに連動したETFと各商品のETFがあります。
ポートフォリオを株式と債券とコモディティで構成したい場合は総合的なインデックスに連動したコモディティETFを使えばいいですし、ある時期には金の比率を増やしたいといった場合には、金ETFを買い増せばいいということになります。
コモディティの魅力は、株式や債券と違う値動きをすることにあります。
株式や債券と同時にコモディティも持っていれば、世界同時株安などの局面でヘッジ機能を期待できます。
その一方で、コモディティの各市場は株式市場ほどの規模や優れた流動性・換金性を持っていません。
また、上がり下がりの振幅や頻度のボラティリティは株式よりも大きいものが多いことも心配の種です。
これらの特徴から、一般に、コモディティはポートフォリオの主力ではなく一部として保有するのに適した金融商品だといわれています。
個人でもETFを活用すれば、そんなポートフォリオが組める時代になりました。

東京証券取引所に上場されているETFもラインアップが充実してきています。
総合的なコモディティ・インデックスに連動したタイプとしては、
「S&P GSCI商品指数キャップド・コモディティ 35/20 クラスA 米ドル建受益証券」(BNPパリバ・アセット・マネジメント)や、
「ETFS 総合商品指数(DJ−UBSCI)上場投資信託」(ETFセキュリティーズ)があります。
そのほか、エネルギーや農産物といったセクターごとのインデックスに連動したETFや金など個別商品価格に連動したETFが上場されています。
東証上場のETFだけで、コモディティの分散投資もすでにできるようになっています。

サラリーマン お金米国債 購入社債 購入老後の必要資金| 



外貨建投資のリスクと対処方法

外貨建投資の主なリスク

為替リスク
為替相場の変動により(投資時より円高)、円換算した償還金額が投資元本を割り込むことがあります。

価格変動リスク
株式や債券等の価格は、金利変動、発行国・発行者の経営・財務状況の変化およびそれらに対する外部評価の変化等により上下しますので、株式・投資信託や償還前に債券等を売却する場合には投資元本を割り込むことがあります。

信用リスク
発行国・発行者の経営・財務状況の悪化や外部評価の変化等により、売却できない場合があります。発行国・発行者が破産・債務不履行(デフォルト)や民事再生手続き等になった場合、株価やファンドの基準価額が変動したり、債券の利息が支払われなくなったり、債券が額面で償還されない等、投資元本を割り込む場合があります。

流動性リスク
流動性や市場性が乏しいものについては、株式や償還前の債券の売却が困難で、売却価格に悪影響を及ぼす場合があります。

カントリーリスク
発行国の政治・経済・社会情勢の変化や、送金・決済システム等の不確実性などにより損失を被る場合があります。


外貨建投資のリスクへの主な対処方法

通貨を分散
米ドル・ユーロ・円等はその国の政治経済事情のみならず、 様々な要因によって個別に変動します。複数の通貨に投資することで、為替リスクやカントリーリスク等を避けることが可能です。

投資時期を分散
為替変動や金利変動などのリスクを平準化するためには、投資時期を分散することが必要です。為替でいえば、円安時にも円高時にも定期・定額投資していく手法です(ドルコスト平均法)。

投資銘柄を分散
信用力が高いことから投資銘柄を集中するのは得策ではありません。企業買収や紛争、自然災害等突発的なことがいつ起こるとも限りません。
投資国、投資企業ともに、銘柄を分散することで、信用リスクや流動性リスクに対処できます。

運用期間を分散
流動性や市場性が乏しいものについては、株式や償還前の債券の売却が困難で、売却価格に悪影響を及ぼす場合があります。


米国債 購入米国株 高配当新興国投資米国債券投資

投資信託運用会社の運用哲学

 投資信託に求められる目標は、運用目標を上回る成績をあげ、投資家の長期の資産形成に役立つことです。
但し、リターンの実現にはリスクが存在します。
より目標に近づくために、全ての運用会社は、「運用する資産の価格はどのように決定するのか?」という問いに対する答えを持って、運用に臨みます。
これを「投資哲学」と呼び、全ての投資判断の基本となる考え方です。
そして、投資哲学に基づいて運用する為には、一貫した運用姿勢が必要となります。
例えばもし、将来が有望と判断され投資していた企業の株価が急に下落した場合を考えます。
株価の目先の値動きに左右されず、投資哲学に基づき更なる調査を行うことで状況を分析し、その結果その企業の将来性を判断できたなら、引き続き継続投資することこそが一貫した運用です。
それは同時に、そうした流れを実現する運用プロセスの徹底とそれを支える充実した運用組織がなければ実現できません。
運用商品を選ぶ際には、その実績とともに、それを運用する会社の運用哲学、プロセスや組織を理解することが大切です。





公開市場操作

 公開市場操作とは、米国では、米国連邦準備制度理事会が金融政策を実施し、マネー・サプライを調整できるようにすることです。
連邦公開市場委員会(FOMC)は貸し出しのための現金を増減するプロセスの一環として、ニューヨーク連邦準備銀行の証券局に対し、政府証券の売買を定期的に指示します。




複利

投資から得られる利子を元本に加えて新しい元本とし、この新しい元本に対して以降の利息がかかる場合、これを複利といいます。
例えば、ある投資家が100ドルを元本として、5年にわたり5%の複利を得るとすると、1年後には105ドル、2年後には110ドル25セント、3年後には115ドル76セント、そして5年後には127ドル63セントになります。



JUGEMテーマ:株・投資 


証券 アレンジャー

アレンジャーとは、貸出債権や不動産などの資産を、流動化・売買・流通しやすくするため証券のかたちにする証券化する際、ストラクチャーの立案、証券の発行、引き受け、販売などを手がける者のことをいいます。
一般に証券会社などの金融機関が担いますが、ここ数年は欧米などの外資系投資銀行が台頭しています。
JUGEMテーマ:株・投資

ヘッジファンド

 ヘッジファンドとは、主に先物やオプションといった金融派生商品(デリバティブ)を使い、相場の上下動のタイミングとはかかわりなく収益を上げようとするファンドのことです。

投資対象は、株式、債券、通貨、コモディティなど幅広いです。
空売りや金融派生商品への投資に制限を設ける国が多いため私募の形をとることが一般的です。




calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recommend
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM

マンインベストメンツ マンAHL ウィントンヘッジファンド ヘッジファンド投資 スーパーファンド ヘッジファンド購入 外国債券購入 外貨送金 マネージドフューチャーズ投資 マスク プロミス審査 アットローン審査 シティゴールド審査 転職 住宅ローンの選び方 生命保険 見直し セゾン投信 セゾンローン百選 すみしんSBI SBI ローン SBI 外貨MMF SBI 自動車 ライフネット生命保険 ファーストクレジットローン マンション購入 りそな銀行住宅ローン 自動車保険見積もり 海外ETF購入 CFDのやり方 デイトレのやり方 FXのやり方 FXのやり方 1億円貯める方法 プルデンシャル生命ソニー損保自動車保険チューリッヒ自動車保険アフラックがん保険アリコがん保険ソニー損保医療保険アメリカンホームダイレクトアフラック医療保険外国株式購入方法医療保険の選び方医療保険自動車保険の選び方中国株式中国株式投資シティバンクヘッジファンド米国株式購入方法高配当株式銘柄生活必需品株式銘柄外貨両替投資信託 選び方宝くじ 確率外国株外国株式購入株式購入老後資金株 入門米国株投資債務整理ゴスペル船橋カードローン審査ヘッジファンドマンション外国債券投資中古ワンルームマンション投資宝くじ 当選番号ヘッジファンド 購入海外ETFマネージドフューチャーズ外国債券購入FX やり方FXシグナル配信株式銘柄副収入 サラリーマンお金儲けの方法収入を上げる方法住宅ローン 返済インデックス 株式投資お金を増やす方法外国為替の動向外国株式インデックス債券投資在宅ワーク 主婦長期投資米国債投資退職金運用方法米国株式高配当銘柄老後資金必要額サラリーマン 副業おすすめ投資信託老後 貯蓄教育資金老後資金ロト6 当選確率新興国投資ロト6米国債券ワンルームマンション投資 失敗